20代の頃からまぶたが重い感じで眠そうに見られ物が見えづらい

学生時代、アルバイトを始めた頃から周りに「いつも眠そうだなー」と言われていました。

最初は睡眠時間が少ないし、実習で忙しいから仕方ないかなと思っていました。

でも段々そう言われることが多くなりました。

原因はその時は漠然としか思っていませんでしたが、コンタクトレンズをするようになってから言われ始めたので、それも一つの原因かなぁ?と考えていました。

元々一重だったので、さらに眠そうに見られていたのかも知れません。

辛い、恥ずかしかったのは

40代になってコンタクトレンズ(ハードレンズ)が合わなくて、視界がぼやけていると思い、新しいコンタクトレンズを作ろうと思って眼科に受診した時に、レンズは問題ないけど眼瞼下垂が原因で見にくくなっていると言われました。

眼瞼下垂というのは歳を取ってからなるものだと思っていたので、年には叶わないなぁと現実を突きつけられて悲しかったです。

でもその時に年が原因ではなくコンタクトレンズをすることによってなる眼瞼下垂だと言われました。

悩み解消のために試したことは

長い間、眠たそうと言われていたのも眼瞼下垂のためだということが分かり、見た目だけではなく視力(見え方)にも問題があるなら、と眼瞼下垂の手術を受けることを決めました。

最初は手術をする事が怖かったのですが、友達に話してみると、お母さんがやったよ〜、やって良かったって言ってるよ〜と体験談を聞くことができて、決心できました。

術後はしばらく瞼が腫れていたため外出は控えましたが、落ち着いた頃から、物の見え方が今までとは違うことに気がつき、ハッキリと見えるようになりました。

また瞼が下がっていて眠そうな顔だったのも改善されて、こんなことならもっと早くやっておけばよかったと思いました。

ただ、私の場合はコンタクトレンズが原因の眼瞼下垂なので、コンタクトレンズを使う以上、また瞼が下がってくるだろうと言われています。

悩みが解消、改善できたら

手術を受けて長い間言われていた「眠そうな顔」という言葉を言われなくなりました。

眼瞼下垂で手術を受けた話をすると「だから眠そうな顔をしてたんだね」と理解してもらえました。

手術をすることで一重から二重になりましたが、みんなから「いいなぁ〜二重にしたい〜」と言われる事が多く、手術前に「女性は『整形したの?』と言われることもあるから、手術は慎重に考えてね」と言われましたが、そんな事もなかったので、本当にやって良かった!と思っています。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

もしも一重で瞼が重く見える、眠そうに見られる、ものが見えづらくなってきた、という方は一度眼科で診てもらうといいと思います。

美容整形でやる事もできますが高額なので、眼科で眼瞼下垂と言われれば手術が出来、そのほうが絶対いいと思います。

また生命保険に加入していれば手術費も保険金が出るので問題なかったです。

見えにくいまま過ごす方が不便ですし、手術自体は15分ほどで終わり日帰りで出来るので、やらない選択はないと思います。

おすすめの記事