まぶたが重くなりたるんできたのでアイメイクが大変になる

もともと奥二重なのですが、まぶたの肉が厚く、線が隠れてしまい一重になってしまいます。

高校生くらいになるとまわりの女の子が二重にしようとアイプチやテープなどで毎日頑張っていましたが、私は一重でも十分だと思い何もしませんでした。

年齢を重ねて40代に入ったくらいから、まぶたの肉にハリが無くなり常に下に下る状態で、アイメイクで、ビューラーを使用する時まぶたを持ち上げないとビューラーが出来ずやっと持ち上げても逆さまつげになります。

辛い、恥ずかしかったのは

毎日、お化粧をするのですが、ビューラーで無理やり持ち上げているのでボリュームアップマスカラを使うとすぐに重みでまぶたごと落ちてきてしまい、お昼ごろにはパンダ目なってしまいます。

まわりの女性は化粧直しに出かけるのですが私はお昼にパンダ目になったろころをメイク落としで落とさなければなりません。

それを見ていた先輩女性社員がが、「マスカラをするからパンダ目になるんだからしなくても同じじゃない?」という言葉を発しました。

悩み解消のために試したことは

まぶたが厚い、若いときの肉なら良かったのですが、40代になり、肉なのか皮膚なのかわからなくなったまぶたのマッサージをはじめました。

敏感肌なのであまりこすることも出来ませんが、良いと言われるものはつけて眼輪筋のマッサージを毎晩欠かさずやっています。

続けているうちにまぶたの老廃物が流れ出し、腫れぼったさが無くなりました。

そして、今までボリュームアップマスカラを塗ればまつ毛が上がると思っていたのですが、薬局で何気なく美容部員さんに悩みを伝えると「マスカラ下地を使ったほうが良いのではないですか?」と言われ、不精な私はマスカラを2回塗るのが嫌だったのですがマスカラ下地が黒いものを使い始めました。

するとカールが根本から立ち上がり奥二重になりました。

悩みが解消、改善できたら

マスカラ下地があることは知っていましたが、2回塗るほど面倒なことはないと思っていたので、下地とマスカラが一体になったものを使用するようになると、軽くなり始めたまぶたでビューラーをしてマスカラをすると夜までカールがキープするので奥二重の線がつきました。

まぶたがあるので、まつ毛はほとんど隠れてしまうのですが、それでも生え際から立ち上げているので目がとても大きくなりました。

今までまつ毛パーマでお金をかけていましたがマスカラ下地万歳です。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

年齢肌や、エイジングケアは本当にいつまでも若くいたいと思う女性にとっては本当に厄介です。

色々なものを試すようになるのでお金ばかり使うようになります。

特に目元は人それぞれで悩みは違います。

皆同じ悩みを持っていることをSNSなどで知ります。

私はそのSNSを利用して、情報を集め、良いと思った動画やサンプルを試し、毎日継続してみました。

年齢は重ねることを悪く考えなければ、奥行きのある、人生経験を積んできた若い女性に負けない大人の女性になれると思います。

おすすめの記事