瞼がたるんで目が小さくなった

40歳を過ぎたころから、まぶたがたるんで、目が小さくなってきたような気がしました。ビューラーでまつ毛を上げて、マスカラをつけたら少し目が大きく見えるようになったので、今もビューラーとマスカラは欠かせません。年齢を重ねると、全体的に肌がたるんできますし、まぶたも同じようにたるんでくるのは仕方ないことのようで、もっとたるんできたら、美容外科での手術もそんなに高くなく、簡単にできるようなので、検討したいと思っています。

辛い、恥ずかしかったのは

若い頃の自分の写真をみたら、何もしていないのに目がクリクリとぱっちりしていたので、とてもびっくりしました。今では色々手入れして、メイクをしても、その頃のクリクリぱっちり感は出ないです。若さってとっても貴重で一瞬なんだなとショックを受けました。でも体形も随分と変わって中年体形になっているので、顔だけ若くても気持ち悪いような気もします。上手に年を取るということ、年相応ということが難しいなと痛感しています。

悩み解消のために試したことは

まぶたのたるみについて、最初に気になりだしてからは、色んなアイクリームを試してみました。ただ、まぶたのたるみの特化しているものは少なく、そのほとんどが目じりのシワ用でした。シワも気になると言えばなるので、使ってみました。シワには効果的でしたが、たるみにはイマイチでした。あと、めぐりズムで目元を温めたりしてみました。これは深い睡眠がとれるとのことで、その効果も期待していましたが、たるみにも睡眠にもさほど効果は無かったように思います。今は、メイクをしっかりしているので、クレンジングでしっかりメイクを落とし、清潔にしてから、化粧水、美容液をたっぷりつけて保湿を重点的に行うようにしています。これはだいぶ効果があるように思うので、続けていこうと思っています。

悩みが解消、改善できたら

まぶたのたるみがなくなっても、そこだけの変化であれば、特に未来に大きな変化はないと思いますが、自分の顔がもう少しは好きになれるのではないかと思います。後は単純にメイクにかける時間が無くなれば、朝の支度の時間を短くできるので、少しだけ寝る時間が長くとれるのではないかという期待があります。でもやはりたるみというのは加齢とともに必ずやってくると思うので、全体的に下品にならないようにもう少ししっかりとして手入れをしていきたいです。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

肌の手入れはいくつになってからでも、本気でやれば結果はついてくるものだと思います。諦めてしまうことが一番だめなので、自分の財布と肌にあった手入れ方法が必ずあるので、色々試して続けてみることをお勧めします。特に今なんてネットやSNSで基礎化粧品の情報はたくさんあるので、選択肢も多く、選ぶのも楽しいと思います。別に誰かに褒めてもらえることは無いのですが、自分が楽しめれば良いと思いますので、まずは自分にあって手入れを始めてみてはいかがでしょうか。
 

おすすめの記事