まぶたがたるんで二重が一重になった

若い時から視力が悪く、10代からコンタクトをしていました。当時のコンタクトは使い捨てなどなく、ハードを使用していましたが、ハードレンズの場合、目を横に引っ張って上下の瞼でレンズをはさみ浮かせてはずすのですが、ある日眼科に行ったときに先生から「瞼のたるみは気になりませんか?」と聞かれました。全く気にしてなかったので「なぜですか?」と聞くと、「ハードレンズを長年使用していると、目を横に引っ張るためまぶたがたるんでしまう場合があるんですよ」と言われました。その時は若かったし、たるんでいるようにも感じなかったので「気になりません」とだけ答えましたが、最近になってまぶたが下に降りてきて、二重だったまぶたが奥二重のようになってきました。年齢のこともあるのでコンタクトのせいではないかもしれませんが、あの時もう少し真剣に受け止めてハードからソフトに変えておけば良かったかもと思います。

辛い、恥ずかしかったのは

デパートの化粧品売り場に行ったとき、探していたのは基礎化粧品だったですが、ちょうど探していた美容液があったので、購入を検討していたら思いのほか店員さんと話が弾んで、夏用のファンデーションも試してみることになりました。一部化粧を落としてファンデーションを使用してみると気に入ってしまって購入することになり、結果フルメイクしていただくことになりました。そのときショックというか驚きというか、「ああ、そっか~」とおもったのは、アイメイクをしてもらったのですが、きれいに色をのせてもらっても隠れてしまうのです。アイラインも隠れます。それでも普段と違うメイクをしてもらえてうれしかったのですが、なんだかあきらめというか、少しだけ悲しさと寂しい気持ちもありました。

悩み解消のために試したことは

現在は老眼ということもあるのですが、コンタクトではなく眼鏡を愛用しています。今後コンタクトを使用することも考えてますが、ハードレンズは使用しないと思います。たるんでしまったまぶたは元には戻っていませんが、今以上にたるまないようにとにかく保湿に気を付けています。乾燥するとしわしわになって余計にたるみが目立つように感じるので。あとクレンジングや洗顔時にゴシゴシこすらず、優しく落とすようにしています。また、疲れをため込まないようにしています。例えばスマホやパソコンを見る時間もあまり長くなりすぎないようにしたり、同じことを長い時間かけず適度に休憩をはさむようにしています。姿勢が凝り固まったり、悪くなってしまうと血流が悪くなると聞いたことがあり、肌にも影響があるようですし、疲れてくるとまぶたの落ち込みが激しく、余計に老けて見えるような気がするので。

悩みが解消、改善できたら

たるんでしまったまぶたは元には戻っていませんが、それなりのメイクを楽しんでいます。これからもさらに年を取っていくことで、今以上にたるんでいくのだろうと考えていますが、なるだけ今の状態を保っていけたらいいなと思います。若い時は美容に関して無頓着だったのですが、年を取って、健康が美容につながり、美容を考えることが結果健康につながることに気づき、今は両方をバランスよく無理のない程度に取り入れていけたら理想だと感じています。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

私がまぶたがたるんでいるのはコンタクトが原因なのかはわかりません。年齢によるものと考えることが自然かもしれませんが、若い時に美容に関して無頓着であり、おろそかにしていたのは事実です。若さがなくなり、自分自身のからだの変化に直面したわけですが、それをきかっけに美容とは健康の先にあるもので、どちらも切り離せないものなのだと知った気がします。たるんでしまったあとでは、取り返しがつきませんが、それなりのメイクを楽しむのも悪くないと考えています。
 

おすすめの記事