まぶたの張りが無くなった

もともと奥二重だったので二重に憧れがあり、アイプチなどの化粧をして誤魔化していた。

だけど、年齢が行くにつれて化粧でアイプチをしなくても徐々にまぶたがたるんでくるがわかった。

必然的に目元が二重になりさらに三重ぐらいまでになってきた。

それがしわだということに気が付くまで時間はそうかからなかった。

そしてそのせいでまぶたに張りが無くなってきて今では目じりをのばしながらのシャドーやアイラインになってしまった。

辛い、恥ずかしかったのは

まぶたに張りがないおかげで化粧の仕方を少し変更しました。

それによってうまく化粧がいかなかくなってきました。

とくにシャドーは辛いです。

ちょっとうまくいかなかったときは何度もやり直しをするので必然的に化粧品も早く切らしてしまいます。

今はマスクのある時代なので目元だけはしっかりと化粧をしたことを忘れてしまい、食事をするときなど口元の周りの化粧は剥げてて目元だけくっきりに化粧がそのままのだったときは恥ずかしかったです。

悩み解消のために試したことは

まずは、目元をどうにかしたかったのでお風呂上りにすぐに化粧水をつけてマッサージしています。

次に馬油を顔全体につけてこれまたマッサージを1分間ぐらいしています。

馬油をつけてからしっとりとしてきているので、多少なりとは効果があるのではいか?とおもっております。

あと、疲れた時や寝る前などに、めぐりズムの蒸気でホットアイマスクを使用しています。

せっかく馬油をつけたのにと思うかもしれませんが、疲れがたまるとよく目がけいれんするかと思います。

そのけいれんが年齢を重ねると同時に増えていっているので、疲れるとどうしてもまぶたをぎゅっとしてしまうのでその時にまぶたにしわができやすくなるのではないかと思っているので、その疲れの軽減に使用しています。

悩みが解消、改善できたら

もしまぶたのたるみが無くなったら、もう一度昔のような化粧をしてみたいです。

化粧のりもいいだろうし老け顔とは無縁になると思いますし。

それと、もう一度コンタクトをしてみたいです。

今現在はまぶたのたるみがばれないようにめがねをして誤魔化しています。

若いころはコンタクトをしていましたが今は目元が気になるので恥ずかしくてできません。

カラーコンタクトでちょっと大きめの目にして、化粧もばっちりできたら最高だと思います。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

奥二重だった私が今では二重どころか三重までなっています。

それも老化現象ということばでかたづけられてしまいそうですが、年齢は必然的に加算されますが、見た目年齢を誤魔化せられるよう頑張っていきましょう。

私は化粧水・馬油・アイマスクなどで工夫をしています。

あと洗顔も朝はゆっくり洗うよう心がけています。

そうすることで化粧水ののりもよくなっています。

もちろん馬油も同じです。

ぜひみなさん対策してみてください。

おすすめの記事