まぶたがたるんできてしまった

毎日の化粧でアイシャドウやアイラインを引く時にアイシャドウが見える範囲が少なくなってきたように感じます。

目元もくすんできたような気がするので、アイシャドウの色に悩むこともあります。

広い範囲を塗らないとアイシャドウの色が見えないけれど、派手な色だと塗っているときは派手に見えるので思い切って使うことができず、無難な色を選ぶようになりました。

まぶたの皮膚が薄くなったのかアイラインがうまく引けなくなくなってきました。

辛い、恥ずかしかったのは

元々タレ目だったためにまぶたのたるみが余計目立って見えている気がします。

小学生の娘がいるので、娘に見せようと少し可愛い色をアイシャドウでつけても、二重の折り目の中に隠れてしまうのであまり見えませんでした。

昔はもっと綺麗にアイラインが引けていたのに最近ではぼかして入れています。

昔のように思い通りのメイクができなくなってきたことが寂しいです。

職場では20代の子が多くいるので余計肌の張りや目元のたるみなど、年齢を感じてしまうので悲しいです。

悩み解消のために試したことは

花粉症がひどく、目を擦ってしまうのが良くないと思っています。

内服薬を飲んだり目薬をしていますが、症状がひどくなると我慢できず目を擦ってしまいます。

一度擦ると止まらなくなってしまいます。

また、普段パソコンで仕事をしているのでドライアイになったり、表情が固まっていたり、目によくないことをしているのも原因だと思います。

こちらも目薬などで対策をしていますが仕事柄難しいのかと思っています。

しかし、顔全体のことで言えば肌の張りを失わないために保湿をしたり、パックをしたりはしています。

また、顔全体のたるみのために顔のエクササイズを毎日しています。

このエクササイズの中で表情も動かしていますが目元の変化はあまり見られていません。

悩みが解消、改善できたら

まずは色々なメイクを楽しみたいです。

娘もいるので化粧品を一緒に買いに行ったりメイクを見てもらったりしておしゃれを楽しみたいです。

アイメイクは様々な種類の色があるので選ぶ楽しみがあるのは幸せなことだと思います。

また、仕事でもTPOやその日の気分や洋服に合ったメイクをして周りの人からの印象を良くできたらいいなと思います。

アイラインをちゃんと描くのにも時間がかかっているので時短になったらいいなと思います。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

恐らく自分が一番自分の変化に敏感で気がついている状態だと思います。

きっと周りの人は素敵に年齢を重ねていると見ていたとしても自分でその姿が好きになれず悩みを抱えることもあると思います。

ついこないだまでの肌質や張りがいつの間にか違ったものになって戸惑いもあると思います。

私も悩みが解消できていないのでいいアドバイスができるわけではないですが、毎日鏡を見て気分が上がるような自分になるためには色々なことを試さないといけないなと実感しています。

おすすめの記事