若い頃に比べまぶたがゆるくなり、アイシャドウがうまく塗れない

残業が続いていたりして目元やまぶただけでなく顔全体がむくんでいると思っていたら、加齢による肌のゆるみ・たるみで目元の化粧が以前のようにできなくなったと気づきました。

アイラインを目尻に入れるときは目の下のフレームラインにも少しアイラインを描くのですが、ここの肌もたるんでいて線を引くために目尻あたりを引っ張らないといけなかったり、アイシャドウも目を開いただけではキレイに塗れず、物理的に指で少し広げてからでないと均等に塗れないです。

辛い、恥ずかしかったのは

目の下のフレームラインがつっぱり感というかハリがないため、しわのようによれてしまうと下まぶた上に引いたアイラインも寄ってしまいムラが出来てしまいます。

こうなるとアイラインが薄い(消えかけている)箇所と濃い(そこだけダマになっているような感じ)箇所が出来てしまうため、化粧崩れのように見えるので年々下のフレームラインにアイラインを引くことは減ってきました。

また、アイシャドウも濃い目の色を塗ると寄れたりで濃淡が出るため、淡い色ばかりになりました。

悩み解消のために試したことは

目の周りだけの保湿をためそうと、本来フェイスクリームだったもので保湿効果やヒアルロン酸配合のような少し高めの化粧品でスキンケアも試しましたが、自分の体調が疲れていたりすると効果は長続きせず、結果目周りの化粧だけ崩れているような感じになってしまうので、寝る前のスキンケアは続けているもののアイメイク自体はどんどん薄く少なくなってきています。

できれば以前のように重ね塗りや色々な色を使ったメイクを楽しみたいところですが、ふと鏡を見た時に下フレームラインの黒いアイラインが寄れていることやアイシャドウが変に濃淡が出来てしまうことが不安になり、楽しめる範囲が年々狭まってきているように思います。

もう少し高い化粧品も試すか迷っています。

悩みが解消、改善できたら

自分はチークやハイライトに力を入れるフェイスメイクより、目の虹彩が大きくチャームポイントだと思っているので、目の周りのメイクを最大限に楽しんでいけるようになりたいです。

目の細かい部分のたるみやゆるみが少しでも解消していくのなら、また以前のようにアイシャドウの重ね塗りやマットなメイクの試したいです。

職場と普段でメイクを変えているのでより幅も広がり楽しめると思いますので、まずは目の周りの肌を健康にしてメイクを楽しんでいきたいです。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

少しくらいのたるみ、ゆるみだから大丈夫…と何もケアをせずそのままいつもどおりのメイクを続けてしまうと、実はスキンケア不足や加齢による肌の根本的なダメージの可能性もあるので、お化粧をしていて違和感を感じたら、メイク道具やメイク方法だけではなく肌の状態やスキンケア方法、使っているケア用品も見直してみることをおすすめします。

値段だけで選ぶのではなく、成分内容や自分の肌への効果で肌に合っているケア用品でのケアを続けることをおすすめします。

おすすめの記事