まぶたが重くて一重が目立つ

中学2年生頃に、目元が他の子と比べて違うことに気が付きました。

「かわいい子は、みんな目がぽっちりしている。

それなのに、私の目は、なんでその子たちと違って細いんだろう?」と思ったのです。

一重でまぶたがすごく重たく、ずっと眠そうな目にコンプレックスを感じるようになりました。

その当時は、まぶたのケアを何もしていなかったので、すごくむくんでいました。

また、親が一重だったこともあり、遺伝で私も引き継いだのだと思います。

辛い、恥ずかしかったのは

「みんな、〇〇(私)のことを不細工だって言ってるよ!」と、ある時急に言われました。

友達から陰でブスと言われているということを知り、ショックで人と関わることが怖くなってしまいました。

「きっとみんな私のことを悪く言っていて、嫌っているに違いない!」と思うようになり、できるだけ友達を避けるようにしてきました。

見た目が悪いことにより一層コンプレックスが増して、友達と関わるときも、本当の意味では信頼できませんでした。

すごくネガティブになってしまい、被害妄想が止まらなくてつらかったです。

悩み解消のために試したことは

中学生の時は、そのまま自分を抑え込んで生きてきました。

ですが、高校生になってから、雑誌で「簡単に二重になる特集」を見つけました。

「これなら、重たいまぶたもなくなるし、憧れの二重になれるかも!」と思い、早速やってみることにしました。

それからは二重になるために、毎日朝晩まぶたをマッサージしたり、アイプチなどの二重のりを使って頑張りました。

その結果、今までコンプレックスだった重たい一重まぶたに、うっすらと二重のラインがつくようになりました。

「この調子なら、本当に二重になれるかも!」と思い、マッサージとアイプチをコツコツ続けていました。

結果は残念ながら二重にはなれなかったのですが、アイプチをしている時だけは、二重まぶたになりました。

悩みが解消、改善できたら

現在、二重を自分で作れるようになってからは、彼氏ができて結婚もできました!「ブスな私には、一生彼氏なんてできない」とあきらめていたのですが、こんな私でも結婚できたことが嬉しかったです。

しかも、旦那はいつも「可愛い」と言ってくれて、私が可愛いはずがないとは思いつつも、だんだん自信がついてきました。

写真を撮られることが、昔は嫌でたまらなかったのですが、今は一緒に思い出の写真を増やしたくて仕方がないです。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

今、一重まぶたで悩んでいても、誰でも二重になることは可能です!まぶたが重い原因は、むくみがほとんどなので、マッサージをするとかなりすっきりしてまぶたが上がります。

しかも、アイプチを使えば、バレることなく簡単に二重にすることができます。

もちろん、二重に整形してしまうのが手っ取り早いとは思うのですが、お金もかかるし、リスクもあります。

自力で二重にするのは大変ですが、その分頑張った成果がでるとうれしいものです。

ぜひ、あきらめずに重たいまぶたでも、ぱっちりさせてほしいです。

おすすめの記事