目の周りがワントーン暗い色で、疲れた印象に見える。

家族に「クマができてるけど、寝れてないの?」と言われたり、職場で「どうしたんですか?顔色が悪いように見えますけど…」と言われて初めて気が付きました。

自分の顔は毎日見ているので、違いがよく分からず第三者に指摘されてようやく「私ってそんなに疲れた顔をしているんだ」と悲しくなりました。

いつの間にそんなことになっていたのかも全く気付かず、その時から危機感を覚え何とかしなくてはいけないという意識が生まれました。

辛い、恥ずかしかったのは

休日に数年ぶりに会った友達に「疲れてる?」と言われた時は、さすがにショックでした。

数年ぶりに会ってそう思うという事は、かなりの疲労顔だったのだと思います。

自分ではしっかりとメイクをしたつもりでしたが駄目だったようです。

このままこのクマを放置すると、さらに青黒くなってしまうと思いました。

メイクでも隠せていない程だったので、今後どうなるのかと不安な気持ちになり生活を改善していかなくてはいけないなと感じました。

悩み解消のために試したことは

このことを職場の人に相談すると「まず、目の周りを温めて血流をよくしてみたらいいよ」とアドバイスをくれました。

睡眠不足や疲れ、ストレスや不安な気持ちで血流が悪くなり、目の周りの皮膚は薄いのでそれが青黒く見えるのだそうです。

ホットタオルを作り目にあててみたり、入浴をゆっくりと時間をかけてみたり、昼休憩にホットアイマスクをしてみたり、就寝前に指の腹で目の周りをプッシュするマッサージをしたりしました。

どれも即効性こそありませんでしたが、徐々に改善してきたという印象です。

血流を意識して少しずつ、生活の中でできることをして(温かいドリンクを飲む、PCを2時間したら1分目を瞑るなど)改善方向に向かって行ったという感じです。

悩みが解消、改善できたら

顔色がよくなり、笑顔で増えます。

そして会った友人にも「元気そうだね!」と言ってもらえます。

メイクも変わり、新しい事にチャレンジしたくなるような気持ちが前向きになります。

そしていつも目のクマを気にするという気持ちがなくなるので明るく毎日を過ごせます。

気持ちも回復したと思います。

仕事にも意欲が湧き、取り組むことができます。

次に同じことが起こっても治せるんだという自信があるので不安にならずに済むと思います。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

「疲れてる?」と言われた時は、一度立ち止まって自分自身をよく観察してみることが大事です。

何に対して疲れているのか、仕事や家庭やプライベート、病気など人が抱えている疲れは様々です。

原因を理解し、改善する方法を模索して行動することでクマができてしまっている疲れた顔をもとの健康な顔に戻すことができます。

人に指摘されると、落ち込むこともあると思いますが今は人に言われた方が自分自身が早くその症状に気付けるのでいいと感じています。

おすすめの記事