目尻にシミのような色素沈着があるのが嫌です。

母親がもともとシミの多い人で、たまたま別の皮膚の悩み(急に赤味が出たとか何か…)を抱えていた時に近所の有名な皮膚科の医院を紹介したところ、ついでに美容皮膚科を薦められたそうです。

多少お金はかかりますが、母のシミがどんどん薄くなっていくのをみて、自分のシミも気になるようになりました。

わたしはまだ今は日焼け止めとベースメイクでごまかしたりしていますが、いずれ自分も美容皮膚科でレーザー治療したいと考えています。

辛い、恥ずかしかったのは

中高生の頃から日やけ止めを使って気を付けていたのに、目尻にシミが出来てしまった…と思うと悲しくなります。

姉にもシミがありますが、自分の事は棚に上げて「あんたもいい年になったんやで(笑)」といわれてしまい笑えないなと感じます。

結局姉も母親の通っている皮膚科でレーザー治療をしてもらったようです。

年齢やシミの深さによって治療法を変えているようで、わたしがアトピーで受診した際に一度目尻のシミについて相談したところ「ちょっとまだ早いんじゃない?」と言われてしまいました

悩み解消のために試したことは

基本的に日焼け止めは年中使用する、といったことを試しています。

自転車での移動が多いので、夏だけでなく春から日焼け対策(帽子・腕カバーなど)をして風通しのいい長袖を着ています。

ほかには徒歩で移動に際には日傘必須で、とにかくこれ以上余分な紫外線を浴びないようにしています。

食事ではビタミンを取ると良いそうなので、季節の野菜を中心にナムルやマリネにして飽きないように取るようにしています。

特にビタミンCを取るためにこまめに果物を食べるようにしています。

濃いメイクをあまりしないのでごしごし洗顔することはありませんが、たまにメイクしたときはオイルタイプのクレンジングを優しくなじませ、その後泡立てネットで泡立てた石鹸で優しく洗顔するようにしています。

悩みが解消、改善できたら

シミが消えればもう少し溌剌とした印象になるのかな?と憧れます。

また、シミ自体がなければ、半袖で過ごしたりといった風にもう少し夏を開放的に過ごせるのになと思ったりします。

メイクについて。

元々薄めのメイクですが、シミの部分だけしっかりベースメイクとコンシーラーを使っています。

コンシーラーはどうしても毛穴が詰まったような気分になるので、シミが薄くなればもっと全体的に薄化粧になって気持ちも軽くなるのにな、と思います。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

シミを気にしすぎるのも良くないですが、市販の化粧や健康食品だけではシミは改善しません。

シミの深さや年齢によって治療法は大きく変わります。

ちゃんと美容皮膚科で治療することをお勧めします。

日々できることとしてはシミのもとになる紫外線を避ける、ビタミンを摂る、優しく洗顔するなどがあります。

それでも改善しない・気になって辛いという場合は美容皮膚科で相談しましょう。

1回の受診で治るものではないので根気が必要ですが、力になってくれるでしょう。

おすすめの記事