冬になると乾燥で目元に数本の小じわができる

湿度が低くなる秋口から冬は乾燥から目元に細かい縮緬じわができるらしく鏡を見たときに「あれっ?」となることがあります。

普段使っている化粧水や乳液に加えて保湿力の高いアイクリームを塗ったり、美容オイルを使ったりして皮膚から水分が出ていくのを防いでいました。

女性に多いと懐いますが、乾燥する時期はお風呂上がりにすぐ保湿しないと肌が乾いていく感じがするので、風呂上がりに保湿するタイミングもすごく重要な気がします。

辛い、恥ずかしかったのは

誰かに指摘されたわけではありませんでしたが、コロナ禍でマスクをつける機会が増えて、出先から戻って手を洗おうとしていたとき、ふと鏡を見るとマスクについているノーズフィッターが肌を押さえていたようで目の下にシワが寄ったようになっていた時、一気に老け込んだように見えて「ええーっ!!」ってなりました。

マスクを外して保湿したらすぐに消えましたが、あのノーズワイヤーは油断していると結構シワの原因になるかもしれません。

悩み解消のために試したことは

乾燥予防には、洗顔と保湿した後でオイルを挟むことです。

これは以前タカラジェンヌさんの動画で知ったのですが、どうらんなど濃い舞台メイクを繰り返ししている元宝塚トップスターさんや現役男役、女役の方達の肌が驚くほど綺麗だったりすることに気付いた女性は多いはずです。

その動画では、元タカラジェンヌさんがおすすめしていたのはワセリンなどの油分を化粧水の後で挟むことで化粧中も化粧落とし後も肌を痛めないのだということでした。

かつて宇野千代さんも洗顔後に小豆島のオリーブオイルを塗っていたことは有名で、私もワセリンやオリーブオイルを試してみた結果、それ以上小じわが深くならなかったのでこの方法はぜひ小じわに悩む女性達におすすめしたいです。

悩みが解消、改善できたら

目元の小じわを気にする人はみんな思うと思うんですが、顔にシワを寄せて笑うことを我慢せずに済みます。

日常生活での変化は小じわを作らないためにマッサージをするようになったことです。

今は美容系の動画が様々な媒体でアップされており、自宅で簡単にできるものも多いのでやってみてだめなら他が試せるいい時代になったなと思います。

リフトアップのマッサージや土台である筋肉の鍛え方など、その道のプロの方が解説してくださるのでよく活用しています。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

「先ずは諦めず調べること」です。

例えば、興味のある化粧品が発売された時に口コミサイトで有効性のありそうなものかどうかを先に調べてみてサンプルを取り寄せて試してみる。

また、それと同時に美容系動画サイトでシワのメカニズムを調べて自分のシワのでき方を知ることも大事です。

さらにはマッサージや筋肉トレーニングで解消できるシワも多く存在するということを知っておくと「歳だから」なんて言い訳をつけて諦めなくて済みます。

おすすめの記事