年々笑いジワのようなものが目元に現れるようになっている

30代前半から笑ったときに目元のシワがどんどん増えていることに気づきました。

それまではハリがあって、笑ったときにも少しシワが寄るくらいだったはずなのですが、いつしか笑ったあとの無表情のときにもシワが寄っているようになりました。

職業柄以前よりマスクをつけることが必須だったため、顔の表現は目だけだったので笑うときは人よりもオーバーにすることを心がけていたのですが、保湿ケアなどもあまり行っていなかったので笑いジワの癖がついてしまったのだと思います。

辛い、恥ずかしかったのは

同じ年齢の方と比べるとかなり目元のシワが多いように自分自身感じますし、実母に先日ひさしぶりに会ったときに「あんた目元のシワやばいわよ」と言われ、まじまじと見ると60代中盤の実母よりもはるかにシワが多いことが判明しかなりショックを受けました。

30代前半の頃はそれでも「笑ったときの顔が可愛らしいね」などと言われていたのですが、今ではそこに誰も触れてこないということは私だけではなく周りの人も触れちゃいけない話題だと思っているのだと感じています。

悩み解消のために試したことは

今までは保湿ケアもなにもせず、洗顔後ただ適当な化粧水や乳液をぬってすぐに終わっていたものの、それでは駄目だと思い、自分なりにマッサージやパック、保湿ケア二力を入れてやってきました。

しかし既に手遅れなのか今のところ現状は変わりなく、むしろ年々目元のシワが増え続けています。

またそれだけではなく最近シワが濃くなってきたように思っています。

これはもう手遅れなんだと思い少し諦めてしまっている感じもありますが、お手入れをしないと今以上にシワが多くなったり、濃くなったり、また他のところにも影響が出てしまうのではないかと思い継続してケアはするようにしています。

しかしそれが本当に正しいケアなのかはわからないところです。

悩みが解消、改善できたら

今よりは少し自信を持って笑えるのではないかと思います。

今は笑ったら笑うだけシワが増えてしまうのではないか、と少し恐怖を感じることがあります。

そういった不安からも解き放たれ、以前の自分になれる気がします。

また正直、スキンケアが好きな方ではないので今やっているケアが面倒に思えるときが多々あります。

なので、そのケアが少しでもラクにできるようになれば生活にも時間にも余裕ができるのでもっと自分のしたいことに時間を費やすこともできると思います。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

年齢は若ければ若いほど修復や改善が可能になると思います。

なので自分自身のことを若いうちから見てあげてほしいと思います。

私みたいに手遅れになってしまわないように若い頃からお手入れをしっかりしておけば、年齢を重ねてから少しでもラクになると思います。

若い頃は自分磨きに費やす時間もお金もあるはずなので若い頃に少し頑張って、年齢を重ねたら少し楽をするようにすればあまりコンプレックスを抱えずに生活ができるはずです。

おすすめの記事