乾燥して目元の小皺がきになりだしました

コロナ禍になってからというもの、接客業の私は、常にマスクをしなければならない状況になりました。

マスクですと、表情が伝わりにくくなります。

特に接客で大切な、笑顔が伝わりにくくなる為、目元での笑顔を意識するようになりました。

すると、目元の印象が以前にも増して、気になりだしました。

笑顔による、笑顔ジワももちろんですが、年齢も40歳に近くなってきますと、やはり小皺が気になります。

アイクリームを使用しようと思うきっかけにもなりました。

辛い、恥ずかしかったのは

ショックだなぁと思ったことは、コロナ禍になってから、久しぶりに会った気心知れた知人に、「少し老けたんじゃない?」と冗談ぽく言われたことです。

マスクをして、その知人には会ったわけですが、マスク越しでも老けたようにみえたとゆうことが、ショックでした。

マスクをしてその知人には会いましたが、もちろん、メイクはベースもアイメイクもしっかりした状態で会いました。

やはり、目元の印象は、大切だなと改めて思ったエピソードです。

悩み解消のために試したことは

目元のケアは、これから大切になるなと思い、口コミサイトやネットでの情報を元にアイクリームを購入して、現在も使用しています。

もともと、肌が弱く、顔の皮膚も薄いので、刺激の少ないタイプのドラッグストアで購入できる、手軽なものから試してみました。

何種類か試してみたのち、現在は、キュレルのアイクリームに落ち着きました。

低刺激で、今のところ肌トラブルもなく使えています。

効果の程は、まだ使用して一ヶ月ほどですが、目元がアイクリームを使用する以前より、しっとりと保湿されている感じがして使い心地がよいです。

また、アイメイクも変えてみました。

今まで落ち着いたブラウン系ばかりでしたが、発色の良いオレンジ系を取り入れたり、目元が明るくなるメイクをしています。

悩みが解消、改善できたら

まだ数年、マスクが手放せない状況になると思うので、目元の悩みが解消されても、目元のケアは継続していくと思います。

同じような悩みを持っている女性はすでにたくさんおられると思います。

また、今後も増えてくると思うので、さらにアイクリームなり、目元ケアに特化した商品が出てくることに期待しています。

アイシャドウも素敵な商品があれば使ってみたいです。

目元の皺が気にならないくらい、笑顔で表情が明るく元気いっぱいの女性になりたいと思います。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

目元の悩みは、年齢と共に、出てくる悩みだと思います。

その悩みに気づいたときから、すこしづつ悩み解決に向かう方法を試して、継続していくことが大切なのかなと思います。

結果は数年後の自分に現れてくると思いますので、すぐには変化がなくても、あきらめず、できる努力を重ねていくことが、悩み解決の近道になると思います。

身近な周りの方や、憧れの有名人の方など、素敵な年齢の重ね方をしている先輩方を見習って、目標にすることも大事なことだと思います。

おすすめの記事