目元の小じわがひどく、メイクがよれる

コロナ下でマスク生活が続く中、顔の下半分はマスクで隠れるようになりました。

しかし、今度は目元に集中的に意識が向くようになり、ある日ふと鏡をみた時に自分の目元をみてぎょっとしました。

「なにこれ、めっちゃしわしわやん」「朝はいい感じにメイクできてきたのに!」そうです。

私の目元は乾燥し、笑うたびにメイクはよれてしまいました。

しわに入り込んだメイクのせいで、余計にしわしわ粉っぽく見えて、ショックを受けました。

辛い、恥ずかしかったのは

子供たちと楽しく話しているときに、笑っていたら、子供に「お母さん、おばあちゃんみたい。

しわがすごいやん。

おばあちゃんに似とるね」とさらっと言われました。

おばあちゃんとは、私の母で60代後半です。

そして目元には深いしわがたくさんあります。

確かに目元の歳の取り方がそっくりです。

「えっ私まだ30代後半やけど、そんなにしわ多いんかい!老けとんかい!」それを聞いていた夫も私の顔を見て、「年取ったねー」と真剣に言われてしまいショックでした。

悩み解消のために試したことは

今までスキンケアが疎かになっていたので、とにかく保湿をして乾燥を防ごうと思い、朝と夜の洗顔後にはすぐに顔の保湿を心がけるようになりました。

小さい子供がいて手がかかるので、簡単にケアできるオールインワンのジェルを使いました。

メイクをするときも、よれてしまうので、目元は極力厚塗りにならないように、ファンデーションはごく薄くつく位に抑えるようにしました。

そうすると、乾燥した粉っぽいしわしわ感はだいぶ目立たなくなりました。

鏡をみても「よし、今日はいけてる!」と思える日が多くなりました。

目元専用の美容液も試しました。

しかし、最初のうちは張り切って使用するのですが、だんだん面倒になっていき、結局目元だけに手をかけるというのは続きませんでした。

悩みが解消、改善できたら

気持ちよく心から笑えると思います。

友達や家族とはなしていても、「あ、今すごい笑ったけど、しわすごくないかな。

メイクよれよれになってないかな」と自分が気にすることなく、会話を楽しめると思います。

「自分なんかどうせ」とネガティブな気持ちを持たなくなります。

そして、自分に自信を持てるようになることで、これからも前向きに歳をとれるはずです。

「歳をとることは、残念なことではない」「人と比べても意味はない、自分は自分」と思えるのではないでしょうか。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

「人間の価値は、見た目ではありません」だけど自分に自信を持つことはいいことです。

「歳を取ったんだから当たり前」と気にせず割り切れる人はとても素敵で魅力的です。

しかし「どうせ自分はこんなだから」とネガティブな気持ちになっているなら、できる範囲、無理のない程度に自分をケアしてあげるのもいいことだと思います。

気持ちが前向きになると、表情や雰囲気も明るくなってきます。

そうするとあなたの周りの人も心地いいです。

おすすめの記事