目尻に小じわが目立つようになってきた

35歳を過ぎたあたりから、笑い皺というか、目尻に小じわが目立つようになってきたなと、ふと鏡をみた時に思いました。

若いころはどれだけ笑っても目尻に小じわはなかったのであまり意識したことがなかったのですが、一度皺に気づくと、笑って皺ができることに意識が向くようになり、笑うのがいいのか悪いのか、ちょっと迷うようになりました。

でも笑顔でいることの方が大事だと思うので、笑うのはそのままにしています。

あとは乾燥がよくないと思います。

辛い、恥ずかしかったのは

特に誰かに指摘されたり嫌なことを言われたりしたことはないので、恥ずかしいとかショックだったというエピソードはないのですが、マスク生活になってから目元により意識というか目線がいくようになったと感じるので、目元のしわで大体何歳か推測しているのがわかり、皺があることでより歳をとってみられている気がして悲しいなと思ったことはあります。

特に接客をしていると顔を見られる機会が多いので、皺が目立つのは嫌だなと感じます。

悩み解消のために試したことは

特に具体的な対策はしておらず、笑うことでより皺ができる気がして少し躊躇はするものの、笑顔でいることの大事さは実感しているので、それに関してはあえて控えめにしたり気を付けているといったことはありません。

あとは乾燥することで小じわが増える気がするので、その点においては、化粧水を保水力のあるものに変えたり、こまめにつけるようにしたりといったことを気を付けています。

あとは洗顔する際に、アイメークをしっかりと落とそうと目の周りをゴシゴシとこすると、その摩擦により小じわが増えるような気もして、洗顔に関してはごく最小限にして、あまりこすらないように気を付けています。

あとは朝の洗顔は水で洗うのみにして軽く済ませています。

悩みが解消、改善できたら

上記の対策だけでは完全に改善されるといったところまでは至りません。

もしも目尻の小じわがなくなったら、より一層若く見られて毎日気持ちよく生活ができると思います。

今以上に自分に自信をもってどんなことにも積極的にチャレンジしていけるような気がします。

ただ、気持ちのもちようが大事なので、あまり今の皺がある現状に悩まされて行動できなくなるのは良くないと思うので、意識的に意識しないようにして、ありのままを受け入れて楽しむようにしています。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

人間誰しも平等に歳をとっていくもので自然なことなので、あまりそのことを気にしすぎるというのも良くないと思います。

特に目尻の皺は楽しく毎日を過ごして、笑顔でいるからこそできるある意味勲章のようなものでもあると考えられるので、楽しさにフォーカスして、ネガティブになりすぎないようにしていくのが一番大事だと思います。

あとは健康的な食事をとることを肌を健やかに保ち、心と肌の両面がきれいで健康でいられるようにすることが最も重要だと思います。

おすすめの記事