目の下のたるみとシワが加速して老けて見える

もともと蕁麻疹持ちな私。

今まで顔には出なかったのですが、ここ3年ほどでまぶたにも痒みがひどく出るようになってきたのです。

弱い皮膚の部分だとわかっていても、蕁麻疹の痒みが強すぎて、かいてしまうことが多かったのですが、そのせいで目の下の皮膚がカサカサになったり、痒さで腫れたりを繰り返すようになりました。

しばらくそんな状態が続いたせいで、目の下だけがたるみが酷く、かつ、かいてしまったことによってシワが多くなってしまい、下瞼だけが老け込んでいる状態です。

辛い、恥ずかしかったのは

人にダイレクトに何か言われたなどはないのですが、どれだけ自分でちゃんとメイクしたつもりでも、目の下の皮膚だけが異常に弱ってシワっぽくなってしまって、たるみが強く出るようになってしまったため、気になって仕方ない状態です。

どれだけちゃんとメイクしても、写真などでもわかりますし、特に外の自然光のもとで鏡をしてしまおうものならば、本当に目の下だけが、年齢とはマッチしてあないほどの小皺やたるみがわかります。

本当に想像以上に老けて見えることを太陽光のもとで痛感して悲しくてまたらなくなりました。

悩み解消のために試したことは

とにかくたるみと小皺がひどいのはショックだったし、そもそもの蕁麻疹にも問題があるので、行きつけの皮膚科に現状を相談しにいきました。

もともとアレルギー用の内服薬は服用していましたが、もう少し飲む量を増やしても良いとのことで、飲み薬を多めに処方してもらうことになったのと、まぶたにも使える軟膏も出してもらうことにしました。

痒くなったり、かいた後の不安な時にもその軟膏を塗るだけでも良いとのことだったので、さっそく使用してみると、痒みが治るのもありますし、皮膚への負担が軽減されるようになり、軟膏ということもよかったのか、カサカサやシワになるような赤みや腫れなども抑えられるようになってきて、かなり有効に効いているのが実感できました。

悩みが解消、改善できたら

とにかく外で鏡をみる・太陽光があたるところで顔を見ると毎回、本当にテンションがさがってしまって、『周りからいくつに見られるんだろう』『目元がシワになったり、ガサガサしているだけで、こんなに印象変わるんだ…』と痛感してばかりでしたので、こう言ったことを一切気にしないで、思う存分光のあるところでも、女性としてのメイクを楽しいと思えるようになると思います。

光のあるところで人に会うと見られているようで不安になることもあったので気兼ねなく人と接することができそう。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

私の場合は、蕁麻疹という、皮膚に直結するトラブルをかかえているので、かかりつけのお医者様に相談することで改善できました。

薬ってちょっと…と目の周りとなると、抵抗がある方もいるかもしれませんが、ちゃんとした皮膚科に行って相談してみたら、目の周りであっても改善できるような薬もあります。

特に目の周りは皮膚が弱いので、少しの負担ですら大きなトラブルにつながることもあるので、良さそうな皮膚科があれば、相談してみるのはいいと思います。

美容整形などよりは、断然おすすめできますよ。

おすすめの記事