両方の目じりが下がってきている。

今までに申請したパスポートの自分の写真を見てみるとあきらかに若い時から今に至るまでの顔の様子が違うのが分かり、よくよく見てみると、年を重ねるごとに全体的に両方の目じりが下がっているのが分かります。

たれ目になってきているのです。

そんな写真を見て本当にガッカリしました。

いくら手で目じりを上げてみたところで目じりが上がる事も無く、ため息が出るばかり。

原因は典型的な老化現象だと思います。

肌に張りがなくなったのでしょう。

辛い、恥ずかしかったのは

今のパスポートの期限が切れそうだったので、申請をするべく近くの写真屋さんに行きパスポート用の写真を撮って頂いた時です。

いつもは眼鏡をかけているのですが、写真屋さんがパスポート用の写真でしたら眼鏡を取った方が良いと言うので、眼鏡をとって撮影してもらいました。

10分位待って写真が仕上がり見てみると、もう、悲しくなるほど目じりが下がっていて眼鏡をかけている時よりもっと目じりが下がって見えてて、ものすごく老けた顔になってて涙が出そうにショックでした。

悩み解消のために試したことは

出来るだけ顔の皮膚を上に上に持っていく様に毎日マッサージをしていましたが、そんな事では全く効果もなく、今は何もしていません。

これだけ皮膚が下がってきているものを上の方に持ち上げる事など出来ないであろうと思います。

整形手術か何か他の方法で対処しなければならないだろうと思っています。

それかやはり髪を伸ばし、髪をアップにするとか、後ろで結べる様になるまで伸ばして引っ張り上げれば少しは目じりのたるみも無くなるのではないかと。

あとは眼鏡のフレームを変えてみようかとも考えています。

眼鏡のデザインで目元、目じりの見え方も少しは違ってくるので、色々な眼鏡を試しにかけてみて目じりの見え方を見てみたいとも思っています。

悩みが解消、改善できたら

たった少し目じりが下がっているだけですが、その顔の表情の見え方は愕然とするほど違います。

少し目じりを上げただけで物の見え方が違う事がはっきりと分かります。

まぶたの開き方が違うのでしょう。

目じりが下がっているのでその分目を開ける時に重力と言うか重みを感じます。

そんな重みを感じることなく大きく目が開けられる様になったら、まぶたの重みを感ぜずに過ごすことが出来ます。

少しの事なのですがいつもまぶたの重みを感じている様な事がなくなればもっと明るく過ごせる気がします。

写真も笑顔で撮れます。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

年齢を重ねるごとに色々な所に変化が出て来るのでしかたがないことですが、目のあたりの変化は顔の表情に大きく影響が出るので出来るだけ早く対処をされた方が良いと思います。

大きな問題にならない前に自分で出来ることをまず考え試して見てみることが大事だと考えます。

工夫も必要ではないかと感じています。

どうしたら顔の表情を豊かなままでキープ出来るだろうかとか。

時にはプロの方々のアドバイス、フェイスマッサージなどの施術も体験してみても良いかと思います。

おすすめの記事