目の周りの肌にハリがなくまた目の下にぷくっとした膨らみがある

証明写真のテストでスマホで自撮りをし顔を確認してみたところ、何をどうしてもとても老けた印象に見えました。

目元はもとより、ほうれい線、マリオットラインがくっきりでていて顔全体にたるみがとまりません。

コロナ禍でマスク生活が長くなり、表情がとぼしく、顔の筋肉を使わなくなったからではないかと考えています。

オンラインでの会話ではあまり表情豊かに話すことも少ないと感じています。

意識して近くと遠くを見るようにしないと、目元は特に筋肉を使わないと感じています。

辛い、恥ずかしかったのは

友人にヘアメイクの仕事をしている人がおり、メイクレッスンをしてもらったことがあります。

色々、コスメを重ねていくにあたり、自分の顔をまじまじと鏡でみてみたところ、本当にたるんでいて、メイクののりも悪く、老けた印象でした。

アイメイクをするにあたり、修正したい悩み、見た目がたくさんあって、若い時とは大分かわってしまったなととても悲しくなりました。

目元にピンとハリがあれば、あまりメイクで修正しなくとももっと素敵に見えると思いました。

悩み解消のために試したことは

特に、疲れ目や顔の筋肉のたるみによって、目の周りの垂れ下がり、顔全体も下に下にさがってきているのが気になるので、顔の体操をするようにしています。

youtubeでたるみ解消のエクササイズなどを見ながら、一緒にやっています。

目の前に、自分の指をもってきて近づけたり遠ざけたり、左右に動かしたりして目元も動かすようにしています。

他には、むくみ対策と保湿を意識してやっています。

蒸しタオルを作って、顔にのせて血行をよくして、顔をマッサージ、その後に化粧水と保湿ジェルを使ってしっかり保湿をします。

その他は、顔を触りすぎないことを意識しています。

特に目元は皮膚が薄いので保湿後は摩擦で肌を傷つけないように、あまり触らずそっとしておくようにしています。

目に見える効果は正直あまり感じていませんが、やらない時よりも良いのではないかと感じています。

悩みが解消、改善できたら

自分ではまだまだ悩みはつきません。

でも、実際の年齢より若く見られることが多いので努力の効果はでているのかもしれません。

この悩みが完全に解消したら、鏡を見るのがもっと楽しくなると思いますし、写真ををとるときに嫌な気持ちになることも少なくなると思います。

自分の顔に自信がもてれば、色々なメイクに挑戦できるのではないかと思っています。

悩みを隠す、修正するためのメイクではなく、季節や流行りにあったメイクの楽しみをとりもどせるのではないかと思います。

目の下のたるみに悩むあなたへ

あまり、気にしすぎないことと、あきらめずにできることからケアを続けることだと思います。

自分でのケアでは悩みの改善には限界があるかもしれませんが、できることをしていれば少しは効果を感じることができると思います。

今は、無料で美容の情報を得られるツールがたくさんあるので、情報収集をして、どんどん試してみると良いと思います。

何事もやらないよりやった方が、後悔しなくてすみます。

若いときの自分に少しでも近づいたイメージを脳内で想像しながらやってみることをおすすめします。

 

おすすめの記事