眼の下にもう一つ目があるくらいの面積がたるんでいる

実は、自分で気づいたのは、目の下がたるんでからずいぶん経ってからでした。

子育てと介護に忙しかった時期があり、その頃できていたようです。

鏡をじっくり見る暇も、心に余裕もなかった頃でしたので、気づいた時はびっくりしました。

夫に「目の下がたるんでる!」と話すと「うん、ずいぶん前からな」との返事。

義父母の介護をしていたこともあり、気遣ってくれたようでした。

原因は、子育てと介護のストレス&お手入れを全くしていなかったことだと思います。

辛い、恥ずかしかったのは

目の下がたるんだのに気づいた頃、白髪が一気に増え、見た目が老け込んでしまい、自分でもショックだったのを覚えています。

子どもから、「忙しいから無理してこなくていいよ」と言われ、参観日などの学校行事をやんわりと拒否されました。

周りのお母さんより、おばあちゃん世代に見えることが、嫌だったようです。

数年後、ぽそっと教えてくれました。

「自分のことでママが年寄りになってしまった」と。

学校になじめなかった頃なので、親子ともに、切ない思い出です。

悩み解消のために試したことは

恥ずかしながら、何もしていません。

理由は、何をして良いのかわからないからです。

もう一つ、お金を掛けたくなかったこともあります。

自分の中で「頑張っても、年齢を重ねれば、しわやたるみはできるもの」と割り切っているからです。

普段家にいるので、お化粧をしないことも理由になると思います。

お風呂上がりのスキンケアだけは欠かしませんが、それ以上は無縁の生活です。

ファンデーションなどのコスメも持っていません。

今さら、何をしてもムダなように思えるからです。

悩みが解消、改善できたら

目の下のたるみは改善していませんが、年齢を重ねて、自分が受け入れられるようになりました。

年相応になったことが主な理由です。

白髪もそうですが、それ以上進行していないことが良いと思います。

目の周りに多い小じわもありません。

お肌のハリ、つやともに、年齢を重ねてもあまり変化がないのです。

周囲のお母さん方は、毎日お化粧をしているせいか、ファンデーションの厚みが増しているのがわかります。

小じわを隠しているのも見え見えなので、自分が自然体でいられることが幸せです。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

初めて気が付いた時は、どっきりしました。

テレビやネットでは見たことがあっても、実際に自分にできると信じられない気持ちが先に立ちます。

でも、ズボラな私は、何をして良いカモわからず、まったく対処できませんでした。

自分を否定しない、受け入れる。

そんな気持ちになってから、年齢を重ねた結果を素直に受け入れられるようになりました。

女性の顔は、その人の人生が表れます。

どんなに恵まれた生活でも、心の豊かさがなければ輝きや美しさとは無縁です。

見た目より、内面の美しさで勝負しましょう。

おすすめの記事