目の下のクマが濃くて疲れて見える

私は学生時代は色黒だったためあまりクマが目立たなかったのですが、成長にするにつれて外遊びをしなくなり、色が白くなっていくととてもクマが目立つようになってきました。

アルバイトをするようになり接客業をしていたのですが、その時のお客様の一言でクマを気にするようになりました。

仲の良かった常連さんのお客様に、アイシャドウが目の下でもついてるでと言われたのです。

それをきっかけにクマを気にするようになり、考えられる原因である寝不足を解消しましたが治りませんでした。

辛い、恥ずかしかったのは

私のクマはメイクでコンシーラーをしても中々隠れずに、大人になっても常にクマを気にして生きていました。

その中で辛い事がありました。

私は結婚してからパートをしようと思い、ゴルフ場のパートの面接に行ったのです。

その時に面接をして下さったゴルフ場の支配人に、目の下のクマは薄くならんのか、うちの常連さんはそういうことをからかったりする人もいるが大丈夫かと面接で言われたのです。

それがショックで、それ以降さらにクマを気にするようになりました。

悩み解消のために試したことは

クマについてはネットに解消方法がのっていたり、雑誌などにたくさんのっていたりするので、様々な情報を集めて自分でできることはほとんど試したと思います。

ホットタオルを目に当てて温めたり、マッサージをしてみたり、睡眠をたくさん取るようにしたり、美容鍼に行って顔の血行をよくしてもらうなどしました。

しかし、あまり状態が変わることもなく、触りすぎると色素沈着するという情報もあったので、美容皮膚科に通い始めました。

美容皮膚科で見てもらうと、アレルギーなどで目をこするので色素沈着のクマと血行不良のクマが混ざってるのではないかということで、塗り薬と血行を良くする漢方薬を処方されました。

それを塗って少しずつマシになったかなという程度です。

悩みが解消、改善できたら

自分に自信が持てるようになると思いますし、メイクが楽しくなると思います。

私は、メイクをするのが好きなのですが、クマが濃いのが気になって、アイシャドウも肌なじみの良いブラウン以外は基本的に使いません。

本当は季節に応じて、淡い色のアイシャドウやビビッドカラーのアイシャドウも使いたいのですが、クマが逆に目立つのではないのかと思ってしまい躊躇してしまいます。

ですので、クマが解消されればおもいっきり好きなメイクをしたいです。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

クマの悩みは本当に辛いと思います。

私自身も、年齢より老けて見られがちになりますし、これから歳を重ねるとさらにどうなるだろうという不安があります。

またコンシーラーで隠せば隠すほど、目立ちまつし化粧が濃くなっていきます。

解消するには自分のクマの原因を知ることが大切ですが、私はクマの種類を自分で見分けるのが難しかったので美容皮膚科に行ったのですが、私のようにクマの種類が分からない場合は、一度専門医に見せることも検討しても良いと思います。

おすすめの記事