子供の頃から目の下のクマと大きな涙袋に悩んでいます

子供の頃から目の下のクマと大きな涙袋に悩んでいました。

私も自覚していましたが、学校の先生から「顔色が悪いけど大丈夫」と心配されていたので、常に目元のトラブルを意識して悩んでいました。

クマが青黒くて周囲からも不健康に見られていたので、小学生の頃からコンシーラーを目の下に塗って登校していました。

小学生の頃とても悩んで病院で相談したところ、人より皮膚が薄いのが原因だと言われ、対策のしようがないと絶望的になりました。

辛い、恥ずかしかったのは

小学生の頃ですが、目の下の青黒いクマが目立っていたので、先生や友人達から具合が悪いのではないかと心配されていました。

私はとても元気なのですが、周囲に心配され、体育は見学するように言われていました。

大人になってもクマに悩まされています。

マスク生活になり、目元が強調されるようになりました。

ですので、目の下のクマとたるみ(涙袋)がかなり協調されていて、更に顔色が悪く見えるようになりました。

私の場合、「マスクブス」になります。

早くマスクをしない世界になって欲しいです。

悩み解消のために試したことは

子供の頃から目の下のクマと涙袋がひどく、小中学時代は親のコンシーラーを塗って登校していました。

大人になり、健康関連の仕事に就き食事や睡眠などを見直したところ、少し良くなりました。

具体的には、加工食品などを控えて野菜中心の和食にしたり、十分な睡眠時間を確保して質の高い睡眠をとるなどです。

それで、クマが少しずつ薄くなりました。

涙袋については、周囲から「羨ましい」と言われるようになり、何もしていません。

ですが、年齢とともに、涙袋なのかたるみなのか分からない状況になり、再び悩むようになりました。

様々なメーカーさんのアイクリームを片っ端から試しました。

しかし、全く効果が見られません。

ですので、目元のスキンケアはしていません。

悩みが解消、改善できたら

バラ色の人生になりそうです。

写真に映ると、目元が野球のデイゲームで野球選手が目の下に貼る黒いテープのような感じで、目の下のクマが目立ちます。

ですので、写真に映るのがとても嫌でした。

ですが、クマが消えると写真に映るのも恥ずかしくなくなります。

また、マスクを着けると、目の下のクマとたるみ(涙袋)が悪目立ちしてマスクブスになるのですが、マスクを着用しても悪目立ちしないので、恥ずかしくなくなります。

顔色も良く見えるので、いいことずくめです。

目の下のクマに悩むあなたへ

目の下のクマや涙袋は、体質が原因のこともあり、体質が原因だと解消するのが難しいです。

私は子供の頃からひどくて悩んできました。

化粧で精一杯隠すのですが、なかなか隠れませんでした。

食生活や睡眠を見直すなど、生活習慣を見直すと少し改善されるので、生活習慣を正すと良いかも知れません。

それと、パソコンやスマホを使う時間が多いとひどくなるので、目を休めたり使う時間を減らすと良いと思います。

私は目のために、ルテインサプリを飲むことにしました。

おすすめの記事