目の下に約1.5センチほどの黒いクマがあります

お化粧をするようになってクマが酷いことに気づいたので、大学生になってからです。

当時入学してすぐの健康診断で血圧を測るとエラーが出るほど低く、血液検査でも貧血と判断されることが多かったので、それが原因だろうと思っています。

特に夕方になると色が濃くなるのも疲れやすい体質が原因で、その上、目を使う事務仕事なのでクマができやすいのでは無いかと思います。

また仕事が忙しいと、つい運動不足にもなりますし冷えも気になるので血行不良もあると思います。

辛い、恥ずかしかったのは

学生の頃はよく疲れてるの?と言われるのが嫌でした、今でも職場で無口になると疲れてるみたいと言われますが、考え込んでいる様に思われて、考え過ぎない方が良いよなどと言われるとメンタルを病んでいる人のように勘ぐられて不愉快に感じ困ります。

あと20代の頃社、職場の意地悪な女の先輩に性病なんじゃないの?と陰口を言われたことは、とてもショックで今でも覚えています。

いずれにせよネガティブはイメージしか持たれないので困りものです。

悩み解消のために試したことは

手軽にオレンジ系のコンシーラーを塗っていましたが、年齢を重ねるごとに厚塗り感が出てしまってプラマイゼロだと思い、今はコンシーラーを薄く塗り、逆にアイメイクを濃くすることにしました。

その方がアイメイクや色味などを褒められてクマのことに触れられることが少なくなりました。

また常日頃から貧血や低血圧であることを周囲に話して置いて、普段からなるべく鉄分を取ったり実生活でも栄養や休息を気をつつ、周囲にも悩んでいることをオープンにすることで誤解されないよう予防線を敷き、さらに情報を貰えるようにしています。

悩みが解消、改善できたら

女性には貧血や低血圧の人が多く、同じ悩みを持つ仲間意識を持つことで距離が縮まったり、他の人の症状や対策なども聞けて参考にさせてもらえることもあり、マイナスどころかプラスになることがあります。

最終的にクマ自体は問題では無くなり、日常生活では悩むことは無くなりました。

しかし実際にクマ自体が無くなれば鏡を見ても憂鬱な気分になることがなくなり、仕事が終わった後もぱぱっと化粧直しをして遊びに行き楽しめるだろうなと思います。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

若いときは周囲の目も気になるでしょうし、メイクの情報を見るほどアフター写真や綺麗なモデルさんと自分を比べて、更に気になってしまい、毎日のメイクや鏡を見てため息をつくことになると思います。

時に私みたいに考えつかないような意地悪を言われることがあっても、大事なのは今の自分がどうすればハッピーに過ごせるかなので、ひとつの悩みに捉われたり他人の言動に左右されず、自分がどうしたらご機嫌に過ごせるかを考えた方が良いと思います。

おすすめの記事