コンシーラーでは消えない程くっきりなクマがある

高校生の時にはもうすでにコンシーラーでは隠しきれないほど消えないクマになっていた。

中学で陸上部をしていた時に日焼け止めをあまり塗っていないで過ごしたので色素沈着してしまってそのまま定着してしまったのかもしれないのと、高校の時に初めてメイクをしはじめてマスカラを毎日塗りたくっていたのにも関わらず、メイク落としが十分でなく、その時にもまた色素沈着で定着してしまったのかもしれないと思った。

鏡をふと見た時に自分でやばいなと思うくらいクマが酷い。

辛い、恥ずかしかったのは

コンシーラーで隠せないと分かりながらも、無駄な努力だけど一生懸命コンシーラーとファンデーションを厚塗りしていた時期があって、その時は当時高校生だった。

プリクラや写真を日常的にとっていて、あとから写真を現像してみてみると、コンシーラーを塗った部分がめちゃくちゃ浮いていて、はっきり分かるようになっていたのは本当に恥ずかしかった。

卒業式もかなり厚塗りで卒業写真をめちゃくちゃとっていたので、自分だけではなく友達もその写真をみて今も持っているのかと思うと恥ずかしくてたまらない気持ちになる。

悩み解消のために試したことは

とにかくコンシーラーを塗りたくってどうにかこうにかごまかしていた。

高校の時はクマが隠せないことがどうしてもいやだったのと、コンシーラーで隠すしか方法を知らなかった。

お金もなかったのであまりケアもできないし、ネットもあまり普及していなかったので調べることもできなかった。

だんだんこのクマは絶対に隠せないし、無駄な努力なのかもしれないと社会人になって気づきはじめてからは厚塗りをすることが減った。

社会人になってクマがマシになる目元専用クリームを買って試してみたりもしたけれど、どれも自分には合わなかったし、効果も感じられなかった。

何がいいのか今でも何が効果があるのか見つかっていない。

今はもう隠すことは諦めてこれが自分なのだと受け入れて生きていくしかないという結論になった。

悩みが解消、改善できたら

クマがない人生だったら自分にもっと自信が持てて、積極性や明るさがある子になったと思う。

自分に自信があれば自然と表情も生き生きしてくるし振る舞いも明るくなる。

写真を撮るのが苦手だったのでそれも自信をもって映れたかもしれない。

恋にも積極的に行動して色んな人とお付き合いの経験があった人生になったのかも。

とにかく明るい未来になったはずだったと思う。

マイナス思考やネガティブさとは無縁の無敵人生を送ってみたかった。

同じ悩みを持つ悩むあなたへ

私は高校時代が一番悩みがピークだったし、周りの子たちと自分を比べてとてもマイナス思考やネガティブになっていったけど、本当はそんなことしなくていいし、自分と人を比べるのは本当に無意味なことだと思う。

人それぞれの悩みがある中で、その人にしかわからないことが沢山あって、きになる部分も人それぞれなので人と一緒じゃなくても気にすることはないと今なら分かるけど当時気づくのは難しかったと思う。

一人で悩まずに人に相談するのも良かったかもしれない。

おすすめの記事