とにかく目の下にクマができやすい

大学生の頃、課題のレポートをパソコンで書くようなパソコンを長時間使う作業をしたら、次の日に酷いクマがよくできるようになりました。

しかも、そのクマがファンデーションやコンシーラーでどれだけ隠しても、友達に「目の下にクマできてるよ」と気づかれるくらい黒くて目立つものだったので、どうしようもできず、すごく困りました。

遺伝のせいかな?と思い家族に相談しましたが、遺伝ではないようで「なんで自分だけ?」と悲しくなりました。

辛い、恥ずかしかったのは

大学生の頃、当時好きだったサークルの1つ上の先輩と初デートに行く予定でした。

しかし、その前の日にレポートの提出期限が近づいていてレポートを徹夜で書いたので、3時間くらいしか寝ていなくて、その結果目の下に今までにないくらい真っ黒なクマができてしまいました。

なんとかファンデーションやコンシーラーを何回も重ねて頑張って隠そうと努力したのですが、先輩に目の下のクマのことでいじられ、すごく笑われて恥ずかしい思いをしました。

悩み解消のために試したことは

まず、パソコンを長時間使うときは、その都度必ず目薬をさしながら作業をして、極力目を疲れさせないようにしました。

また、インターネットでクマの予防法を調べると肌の乾燥が原因だということが分かったので、値段は少々高くても、普通の化粧品より保湿力に優れている化粧水や乳液を選んで使うようにしました。

友達からは、「アイクリームを使うと、次の日目の下にクマができにくくなると思うよ」と言われたので、ネットで評価の高いアイクリームを調べて、そのアイクリームを夜に毎日欠かさず塗るようにしました。

目薬は正直役に立ったのかは分かりませんが、化粧品を変えたりアイクリームを塗ったりしたことで、目の下にできるクマが薄くなってくれました。

悩みが解消、改善できたら

目の下にできるクマの悩みが解決したら、きっと今より毎日を楽しく過ごせると思います。

クマの悩みがなくなったら、目の下のクマの影響による自分のコンプレックスもなくなるし、もっと周囲の人に自信を持って「自分の顔を見て!」と胸を張って歩けるようになると思います。

クマの悩みがあるときは、自分の顔を極力見られたくないからと俯きがちだったので、そんな自分を変えたいです。

また、メイクももっと楽しんでできるようになると思います。

目の下のクマに悩むあなたへ

目の下に目立つクマができてしまうと、メイクをする気が失せるし、周囲の人にもクマのことをいじられてすごく恥ずかしくて辛い思いをするとおもいます。

しかし、きっとクマを治す解決法は探せばあると思うので、「どうせ一生治せないから」と悲観的にならずに、色々な防止策や対処法を試して頑張って悩みを解消してほしいと思います。

同じ悩みを抱えている人はきっと自分自身だけではないので、周囲の人にも相談することをおすすめします。

おすすめの記事