寝不足の時にひどいクマができる

出産してから、あまり美容に手をかけられなくなりました。

赤ちゃんのお世話に必死になり、寝不足になることも毎日でした。

今までは化粧水、乳液、美容液とお手入れしていた目元もほったらかしになっていました。

子どもが少し大きくなり、朝まで眠るようになった時、鏡を見て、目の下にクマができて、自分の顔色も悪いことに気がつきました。

クマが日常的にできている状態でした。

これは、産後の新生児からのお世話で寝不足が原因だと思いました。

辛い、恥ずかしかったのは

子どもが小さかったころ、まだまだ寝不足でした。

久しぶりに友達とランチを食べる約束をしました。

赤ちゃんを主人に預けて、楽しみにしていたレストランに行きました。

友達は結婚しておらず、とてもオシャレにしていました。

私は、久しぶりのランチでお化粧もろくにしておらず、恥ずかしかったです。

友達に、「目の下にクマができているよ。

やっぱり子育ては大変だね。

少し老けたんじゃない?」と言われました。

友達は本音でなんでも話せるので、言ってくれたんです。

悲しかったです。

悩み解消のために試したことは

あまり何もしていません。

というのも、子どもが少しずつ大きくなり、一人で朝まで眠れるようになりました。

そうしていくうちに、次第に、私も睡眠時間をしっかりと確保できるようになってきました。

目の下にあったクマは気づいたら、薄くなっていたように思います。

やはり、睡眠不足が原因かと思いました。

あと、お風呂にもゆっくりとつかれるようになったことも大きいと思います。

お風呂にゆっくりとつかっている間に、目の下のマッサージをするようにしました。

特別何もつけませんが、ツボを意識して、目の周りをクルクルと押します。

親指でまぶたから目頭、目の下、目尻と何度か押すだけです。

それだけでも、スッキリした目元になったように思います。

悩みが解消、改善できたら

目の下のクマがなくなると、友達と会って、老けたなど言われる悲しい思いをしなくてすむようになりました。

また、最近はオンラインでの会合や飲み会が増えましたが、そこでも、顔を出して楽しく喋ることができます。

顔を見られたくないなど、余計な心配をすることなく、会話ん楽しむことができています。

自分に自信をもつことができたことが変わったと思う点です。

さらに、仕事などでも、信頼され、いろいろな仕事を頼まれるようになりました。

目の下のクマに悩むあなたへ

産後の体調の変化は大きいと思います。

私は目の下のクマに悩まされました。

目元は顔の中でも、印象深いところなので、悩まれる方も多いと思います。

マスクをしていたら、とくに目元は注目されますよね。

わかります。

けれど、何かのきっかけで、悩みが解消されることも大いにあると思います。

私は、規則正しい生活、早寝早起きとお風呂にゆっくり浸かるという当たり前のことで、解消できました。

マッサージは効果的だったと思います。

あきらめずに、生活の根本から見直すことも有効かとおもいます。

おすすめの記事